キンコン西野のパワフルなマネージャー田村有樹子。大概は気合と根性で。

みくる。

キンコン西野さんのマネージャーの、田村さんってどんな人?

かなり仕事ができるみたいだし、経歴なんかも知りたい。

でも、なんで西野さんと仕事することになったんだろう?

元々、西野さんのサロンメンバーとか?

と、いった疑問に答える記事となっています。

  • 西野さんの、マネージャー田村さんのことがわかる
  • 田村さんが、西野さんのマネージャーになった理由がわかる

 

YouTubeや西野さんのビジネス書・ブログ、なんかを参考に、調べてみました。

西野さんのマネージャー、田村さんといえば、敏腕マネージャーとしても有名です。

1日20時間も働いている西野さんのマネージャーですから、相当タフでなければ務まりませんよね。

田村さんの人間性も、西野さんは大絶賛。

田村Pは、とてもピュアで、献身的で、感動屋で、映画公開時の全米よりも簡単に泣く。

引用元:新世界P94
出版社:KADOKAWA

今回の記事を読んでいただくことで、田村さんのように、仕事に全力になれると思うので、ぜひ参考にしてみて下さい。



キンコン西野のマネージャー、田村有樹子のプロフィール

田村さんのプロフィールは、下記の通りです。

  • 本名:田村有樹子(たむらゆきこ)
  • 最終学歴:同志社大学
  • 出身地:京都府京都市

オンラインサロン『タムココサロン』を運営。会員数は約2,700人。

Salon.jp | 田村Pのココだけの話

『田村Pのココだけの話』(タムココサロン)は、西野亮廣のスタッフとして馬車馬のように働いている田村プロデューサーの、他で…

『株式会社NSHINO』のスタッフ。マネージャーといいつつ、他の業務もこなす『西野のなんでも屋』として、雑務などもこなします。

気合と根性で、大概はできる

がモットーの、とてもパワフルな女性です。

田村有樹子の、異色の経歴を紹介

田村さんの経歴を、サクッとまとめました。

  • テレビ局で1年半、ADとして勤務
  • 独立し、プロデューサー
  • スナックのママに転職

1つずつ解説していきます。

テレビ局で1年半、ADとして勤務

田村さんは23歳で上京。

ADの仕事を選んだ理由は、自分の容姿にコンプレックスがあったから。女性としての幸せ、結婚などは諦め、仕事ができる女性になろうと考えADになりました。

田村さんはAD時代、テレ東の『所さん&おすぎの偉大なるトホホ人物伝』などの制作を担当。

忙しすぎて、3日徹夜をしたり、週に150時間ほど働いていたそうです。ですが、その頑張りと、田村さんの持ち前のガッツで、上司からは認められ、仕事は色々と任せられていました。

しかし、労働基準法にひっかかるので、違う番組の担当なることに。ですが、自分が成長していることを感じていた田村さんにとっては、よくわからない法律で仕事ができなくなるのは、納得できず1年半で会社を辞めてしまいます。

独立し、プロデューサー

周囲の反対を押し切り、24歳で独立。

しかしADとしては、まだまだ新米扱いのため、案件の単価も安く、独立してから3ヶ月間の売上は30万円程。

そのため、たくさん数の仕事をこなすようにしていました。

プロデューサーでありながら、演者とも仲の良かった田村さん。

オリラジがMCの番組『MUSIC ON』という番組でも、収録中の険悪なムードになったオリラジの2人の仲を取り持つなど、人を放っておけない性格でもあります。

演者と、よく飲みにも行くそうで、SNSが出始めたときから、演者と飲みにいったときの写真を自身のFacebookで更新。

あるテレビスタッフの人から、

演者との距離感がいいね

と評価され、読売テレビで『ガリゲル』という番組のプロデューサーを担当。この番組で、西野さんと出会います。

スナックのママに転職

36歳のとき、突如スナックのママに転職。しかも、24~30代前半までに育て上げた会社を、解散させてまで。

解散させた理由は下記の通りです。

  • 体の不調
  • 自分が、経営者には向いてないとわかったから

1つずつ解説していきます。

体の不調

田村さんは、円形脱毛症になってしまいます。

なぜならプロデューサーという仕事は、過酷だからです。

  • ADからは文句
  • ディレクターからは、話が違うと言われる
  • テレビ局からは、予算が違う

と、色んな方面から、注文がくるので、ストレスがすごいのです。

体力的には、大丈夫だったそうですが、自由に生きたいと思い、会社を解散することにします。

自分が、経営者には向いてないとわかったから

田村さんの会社で働いていた、社員が自ら命を絶ったからです。

田村さんの感情的になりすぎる性格上、かなりキツかったようですね。

人の人生を抱えながら生きるのは嫌だ

と思い、自分が経営者に向いていないことを実感。

知り合いから、お店を紹介してもらい、36歳でスナックのママに転職。

会社は、解散しますが、『ガリゲル』のプロデューサーは継続。

スナックのママとプロデューサーの兼業という、新しい道を歩み始めます。

田村がキンコン西野のマネージャーになった理由

田村さんが、西野さんのスタッフとして働くことになった理由は、下記の通りです。

  • 感情的な性格を、肯定してくれた
  • 兼任プロデューサーのとき守ってくれた
  • 何度もオファーしてくれた

1つずつ解説していきます。

感情的な性格を、肯定してくれた

田村さんは、自分で思ったことをすぐに口にしてしまうところが、マイナスだと感じていました。感情的になりすぎて、口が悪くなったりすることも自覚しています。

しかし、西野さんは、

田村さんって、その感情剥き出しの感じがめっちゃ良いよね

と、初めて肯定してくれたのです。

兼任プロデューサーのとき守ってくれた

田村さんがスナックのママと、プロデューサーを兼任していたとき、番組サイドから、兼任は辞めて欲しいと言われていました。

テレビ局との話し合いでも精神的に疲れてしまった田村さんは、プロデューサーを辞めようと考えます。

そこで西野さんは、「田村さんが辞めるなら、僕も番組の司会を辞めます」と、申し出たところ、田村さんは兼業でプロデューサーを続けることができることに。

西野さんに、救ってもらった過去があったのです。

何度もオファーしてくれた

実は、田村さん西野さんからの3回目のオファーで、スタッフになることを承諾。

1~2回断った理由は、西野さんと友達の関係のままで、いたかったからです。

しかも1度断った人は西野さんは、誘わないと思っていた田村さん。

何度もオファーしてくれた西野さんの、想いが伝わり、田村さんは現在マネージャーとして、一緒に仕事をすることになりました。

田村マネージャーがキンコン西野と企画した、『リベンジ成人式』

2018年1月に、振り袖の販売レンタル業者が、夜逃げをし、たくさんの新成人が悲しい思いをした『はれのひ事件』。

このニュースを聞いた田村さんは、居ても立っても居られず、すぐさま西野さんにLINE。

田村「『はれのひ』の被害に遭った子達に何かしてやれないかなぁ?成人式は一生に一度なのに」

西野「コチラが費用を全額負担にして、『はれのひ事件』の被害者を対象に、もう一度、成人式をやりましょう」

引用元:新世界P93
出版社:KADOKAWA

イベントの開催は、3週間後に決定。

  • 着物の貸し出し
  • ヘアメイク・ネイル
  • 照明・音響
  • 占いブース
  • 撮影スタジオ
  • 二次会の船上パーティー

を、たったの3週間で準備しなければいけません。

 

とくに、企画の中心だった田村さんは大忙し。

  • 1日に何百件とくる連絡に対応
  • 400人のスタッフへの指示

と、寝る時間もなく、動き続けました。

そんな大変な状況でも、田村さんは

「新成人の皆は喜んでくれるかなぁ?」

引用元:新世界P94
出版社:KADOKAWA

と、イベントを成功させることだけを、考えていました。

結果、『リベンジ成人式』は大成功。田村さんが、注目されるきっかけにもなりました。

note(ノート)

このnoteは2020年1月10日のvoicyの内容を文字起こししたものです。 voicyの提供:イイムレ シュウイチ…

田村マネージャーは、キンコン西野についていける唯一無二の存在

田村さんのインタビューで語っていた、「夢がなくても、人の夢で輝ける」という言葉。

今、夢や目標がなくても、誰かのためになることをやっていれば、人生は楽しめるということです。

もし、今やっている仕事に活力を見出せない人。あなたの仕事が、誰かの役に立っていることを想像してみてはいかがですか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!