前田裕二の使うメモ帳はモレスキン。メモを楽しむコツはノートを愛すること。

みくる。

せっかくメモをするなら、前田さんと同じ、モレスキンのノートにメモしたい。

でも、前田さんが使っているメモ帳って、実際どんな感じのノートなんだろう?

と、いった疑問に答える記事になります。

  • 前田さんがメモ帳として使っているノートがわかる
  • 実際にメモ帳として使ってみてのレビュー
  • 前田さんが、スマホだけでなくノートにメモをとる理由がわかる

前田さんといえば、モレスキンのノートをメモ帳に、使っています。

私も前田さんが使っているということもあり、モレスキンのノートには憧れが。

しかし、高級ノートということもあり、ノートとして使うには高すぎるので、購入するか迷いました。

ですが前田さんに憧れ、モレスキンのノートを購入。

実際に、メモ帳として使ってみました。



前田裕二がおすすめするメモ帳、モレスキンのノートを紹介

前田さんが、普段メモに使っているモレスキンのノート。

色は黒で、ハードカバーのノートを使っています。

前田さんは方眼のものを使っています。

サイズは、XLかLを使用。

XL(エクストララージ) 19×25cm
L(ラージ) 13×21cm

上記のサイズを使うのは、メモを取り逃がさないためです。

空いてるスペースがなくて、メモが書ききれないということを防ぐためですね。

ノート1冊で、240ページ。

今回、前田さんと同じノートをAmazonで2900円で購入。

サイズは、Lを購入しました。

XLサイズの場合、Amazonで3,600円になります。

使うペンも、前田さんと同じジェットスクリーム4&1。

関連記事

みくる。 前田さんって、メモをとるとき、どんなペンを使っているんだろう? やっぱり、ペンにも相当こだわってるのかな? せっかく買うなら、前田さんと同じのが使いたい。 と、いった疑問に答える記事となっていま[…]

前田さんが愛用しているメモ帳セットを、使ってみました。

デザインがカッコイイ

ジンプルなデザインでありながら、ハードカバーということもあり高級感を感じます。

綴り紐が付いているのも、嬉しいところ。

綴り紐は、紅白ぼうしのゴム紐のようになっており、しっかりホールド力があります。

バッグにしまったときなど、ページがクシャクシャになるということもありません。

サイズ感がちょうどいい

ラージサイズといっても、ピンこないと思うので、一般的に使われているB5サイズのノートと比較してみます。

よく売られているB5サイズのノートよりも小さいので、持ち運びにはかなり便利ですね。

しかしメモを取っていると、普段B5ノートを使っている人には、少し小さく感じてしまうかもしれません。

方眼である必要はない

普段、横罫のノートを使っている人には、少し違和感があります。

目がチカチカしたり、メモを取っていて窮屈に感じます。

実際、私が前使っていたノートが横罫だったので。

前田さんのようにメモを取るには、方眼のほうが線は引きやすいですが、慣れていない人は、わざわざ方眼のノートを使う必要はないかと思います。

書きごごちは、至って普通

1ページ1ページが、すごく丈夫であるわけでもありません。

特別に、ページが厚かったり、薄くないです。

みなさんが、今までノートに書いた感覚と、大差ないです。

ですが、次のページに文字が映ってしまうということはないので、ノートの機能はとくに心配する必要はありません。

拡張ポケットがポッケト付き

ノートの最後のページに、拡張ポケットが付いています。

何かについてメモをしたときに、資料があるなら、しまっておくことができますよね。

メモを見返したときに、資料をパッと出せるのが便利です。

前田さんと同じものを使っている、優越感

やはり前田さんと同じものを使っているので、嬉しいですよね。

せっかく買ったし、メモを取ってみようってなります。

ノートが新しくなると、ワクワクしますし。

学生時代に、ノートを新調したときの気分に近いです。

これから、メモを取る習慣をつけようと思っているなら、自分への投資と思って購入するのは全然アリです。

前田裕二がメモを取るとき、ノートをおすすめする理由は?

みくる。

いまって、スマホでもメモ取れるけど、なんで前田さんは今もノートを使っているんだろう?

スマホだけの方が、効率的じゃない?

前田さんがメモを取るとき、ノートをおすすめする理由は下記の通りです。

  • メモを習慣化するため
  • コミュニケーションツールとして役立つため

1つずつ、解説していきます。

メモを習慣化するため

日常的にメモを取るためには、一定の努力が必要です。

そのために、メモを取りたくなるような、お気に入りのメモ帳を見つけることが重要。

持っているだけで、

  • 嬉しい
  • テンションが上がる

メモ帳を見つけましょう。

そうすれば、メモを取るのも楽しくなり習慣化することができます。

前田さんは、モレスキンのノートを使っていますが、自分の好きなメモ帳を見つけるのが大事だと述べています。

細かいことになるかもしれませんが、メモをとっている自分を好きになってしまうような、とっておきの文具を揃えることも、モチベーションを継続するためには非常に重要です。

引用元:『メモの魔力』P185・186
出版社:幻冬舎

メモを習慣化するために、お気に入りのメモ帳を購入しましょう。

コミュニケーションツールとして役立つ

ノートにメモする姿を見ると、

この人、私の話ちゃんと聞いてくれてるんだ!

と、思ってもらえるからです。

親身になって話を聞いてもらえると、相手も嬉しいですよね。

スマホでメモを取るよりも、ノートのほうが、同じメモを取るにしても相手の印象は大きく変わってきます。

ノートにメモをとることで、情報整理もされ、相手からの印象もよくなると考えれば、一石二鳥ですよね。

ノートは、コミュニケーションツールとして役立ちます。

100円で買える、おすすめのメモ帳・ノート3選を紹介

モレスキンのノート、かっこいいけど値段がちょっと高いなぁ。

買い換えることも考えると、もう少し安いのない?

という人のために、100円で買える、おすすめのノートを紹介します。

全て100円ショップのセリアで揃うので、参考にしてみて下さい。

黒のリングノート

カバーがプラスチックになっているので、耐久性はバッチリ。

サイズは先ほど紹介した、モレスキンのノートより少し横幅が広いです。

 

ページは、方眼と横罫の2種類あります。

方眼の場合は、下記の画像を参考に。

表紙に金のロゴが入っているのが、100円で買ったとは思えないほど高級感を漂わせてくれるのも、おすすめの理由です。

ちょっとしたメモに、黒のリングノート小さい版

先ほど紹介したノートの、小さい版です。

中は横罫になっており、ページにミシン線が入っているので、切り取るのも楽ちん。

いつでもメモを取れるように、服の内ポケットに入るのも、おすすめの理由です。

A4サイズの特大ノート

とにかくサイズが大きいので、メモを存分に取れます。

比較画像は、一般的に売られているB5サイズのものです。

  • 細々と書くのは、無理
  • メモをまとめるのが、まだ苦手

と、いった方におすすめ。

デメリットとしては、へたれやすいところです。

今まで紹介したハードカバーやプラスチックのノートと違い、耐久性がないです。

ですが、広いスペースがあると、とにかく網羅的にメモを取るようになるので、メモをまとめるのが上手くなります。

実際に、こちらのノートでメモをまとめた記事はこちらから。

関連記事

みくる。 前田さんって、メモの魔力で有名なイメージ。 1日に相当なメモをとるらしいけど、どんなことをメモするんだろう? メモの取り方、なんかも知れたら参考にしたいな。 と、いった疑問に答える記事となってい[…]

メモをまとめるのに慣れたら、違うノートに変えるのもいいと思います

あなたが気に入ったノートが、おすすめのメモ帳になる。

前田さんが使っているメモ帳は、モレスキンのハードカバーノート。

メモを習慣化するには、お気に入りのノートを見つけることが大事です。

モレスキンノートは素敵ですが、ノートしては、それなりの価格なので、自分が購入できる範囲で購入することをおすすめします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!