岡田を追えでコラボしたイタリアンのお店・シェフは?一押しメニューも紹介!

みくる。

岡田を追えにたまに出る、イタリアンのお店ってどこ?

シェフも優しそうだし、どんな人なのか知りたい。

今まで作った料理も、知りたい。

と、いった疑問に答える記事となっています。

  • 岡田を追えとコラボしたイタリアンのお店がわかる
  • 岡田を追えに登場した、シェフがどんな人物かわかる
  • 岡田を追えで紹介された、イタリアンを紹介

プロを目の前にしても、うんちくを披露する岡田さん。

視聴者さん
見ているこっちが恥ずかしいよ。

と、思った方もいるのではないでしょうか?

ですが、

  • シェフの優しさ
  • 料理が美味しそう

といった感じで、とてもおもしろい動画となっていますので、早速紹介していきます。



岡田を追えとコラボしたイタリアンのお店を紹介!

まず最初にコラボしてくれた

  • イタリアンのお店
  • シェフ

について紹介していきます。

イタリアンのお店は?

ギオット』という創作イタリアンのお店です。

とくに黒毛和牛をリーズナブルなお値段で、食べられるところが魅力的なお店。

 

営業時間は、下記の通りです。

ランチ 11:30~15:00(ラストオーダー14:30)
ディナー 17:00~22:30(ラストオーダー22:30)
定休日 月曜日(祝日の場合、翌日または翌々日)
電話番号 03-5726-9808

ギオット公式サイト

メニューは、ギオットインスタグラムから参考に。

 

 

コラボしたイタリアンシェフは?

シェフは、平沢光明さん。

プロフィールは下記の通りです。

  • 本名:平沢光明(ひらさわみつあき)
  • 生年月日:1980年
  • 出身地:神奈川県

20歳の頃に、本場イタリアで修行。

日本に帰国後、神奈川県・東京都の、イタリアンレストランで活躍。

2015年9月に奥沢食堂(後に名前を変更しギオット)を、オープン。

イタリアンに携わって20年以上になる、凄腕のシェフです。

動画を見ていても、とても人柄の良さが伝わってきますよね。

料理を丁寧に教えてくれるのはもちろん。

岡田さんの、浅い知識、しょうもないボケにもしっかりと対応。

途中、笑いを我慢できず、吹き出すところなんかが、とても印象的。

岡田さんはしれっとコラボしていますが、平沢さんは輝かしい経歴をもったシェフでした。

岡田を追えで紹介されたイタリアンが凄すぎ!

平沢さんが作った料理って、どれもおいしそうですよね。

しかも岡田さんの考案した料理も、提供してくれる器の大きい人。

次は岡田さんとコラボしたときに作った、料理を紹介していきます。

ペペロンチーノ

材料は下記の通りです。

  • EVO(エクストラバージンオイル)
  • にんにく(1かけ)
  • 鷹の爪(1本)
  • パセリ
  • パスタ1.5mm(1人前)
  • 塩(パスタを茹でるお湯の量に対して10%)

作るときのポイントは、下記の通りです。

  • にんにくの芽はとる
  • にんにくはスライス
  • 鷹の爪は、種をとる
  • アルミのフライパンを使う(熱伝導率がいいから)
  • 乳化させる茹で汁の量は、お玉1杯半。(最後に微調整)

調理工程は、動画を参考に。

岡田さんのチャンネルでも、実際にペペロンチーノを作っていました。

平沢さんのレシピを簡略化して、フライパン1つで作ったものです。

岡田さん家には、コンロが1つしかないので、仕方ないのかもしれませんね。

作った結果、塩を入れるのを忘れてしまい、めっちゃ岡田でした。

カチョエペペ

材料は下記の通りです。

  • EVO(エクストラバージンオイル)
  • パルミジャーノレッジャーノ
  • ペコリーノロマーノ
  • プラックペッパー
  • バター
  • パスタ1.5mm(1人前)

作るときのポイントは、下記の通りです。

  • パルミジャーノレッジャーノとペコリーノロマーノの、分量は1:1
  • 乳化させるときは、茹で汁ではなく水
  • チーズは茹で汁で溶いておく
  • パスタとチーズを和えるとき、火は弱火

調理工程は、動画を参考に。

試食した岡田さんは、ピンクペッパーを入れることを提案。

平沢さんも承諾し、『岡チョエペペ』として販売されることになりました。

ミラノ風カツレツ(コトレッタアッラミラネーゼ)

材料は、下記の通りです。

  • 和牛のもも肉
  • 生ハム
  • トマト
  • バルサミコ酢
  • こしょう
  • EVO
  • サラダ油
  • パン粉
  • 薄力粉
  • パルミジャーノレッジャーノ

作るときのポイントは、下記の通りです。

  • もも肉の薄さは1cm
  • 肉を柔らかくするため、肉たたきで叩く
  • あげる時はサラダ油
  • 揚げるときは少量の油で、揚げ焼きする感じ

調理工程は、動画を参考に。

岡田さんが普段、お世話になっているため差し入れた生ハムです。

お客さんにも振る舞ってほしいということで、販売されることになりました。

ローストビーフステーキ丼

ギオット、一押しのメニューです。

材料は、下記の通りです。

  • 和牛もも肉
  • サラダ油
  • ガーリックチップ
  • しば漬け
  • 卵黄
  • ごま
  • ローストビーフ
  • ステーキソース
  • ゆずこしょうソース

作るときのポイントは、下記の通りです。

  • フライパンは煙が出るくらい温める
  • ステーキの焼き加減は、ミディアムレア
  • ステーキを焼いた後は少し休ませる

調理工程は、動画を参考に。

  • ローストビーフ
  • ステーキソース
  • ゆずこしょうソース

は、あらかじめ作られていたので、はっきりとした分量はわかりませんでした。

気になった方は、お店で味を確かめてみて下さい。

ローストビーフサンド

材料は下記の通りです。

まずはタルタルソース。

  • 白菜
  • 長ネギ
  • 藻塩
  • ゆで卵
  • しば漬け
  • ゆずこしょう
  • マヨネーズ
  • レモン
  • ごま油

パンにかけるスパイスの材料は、下記の通りです。

  • タイム
  • オレガノ
  • バジル
  • ケイジャン
  • 藻塩

残りは、下記の通りです。

  • パン
  • バター
  • キャベツ
  • ローストビーフ

調理工程は、動画を参考に。

作るときのポイントは、下記の通りです。

  • タルタルソースで、野菜の余分な水分を捨てすぎない
  • レモンを絞るときは皮が下(リモネンという成分が伝って香りが増す)
  • タルタルソースを作った後は30分おく

販売するにあたり岡田さんに、試食を頼んだ平沢さん。

岡田さんから、

ベリーウマーバ」も、いただき販売が決定。

さらに岡田さんは、自分の知名度を使ってPRすることを提案。

ベリーウマーバといったら、岡田さんのステッカーが付くことになりました。

岡田にイタリアンはまだ早い

ギオットのシェフ、平沢さんの料理はどれも美味しそうでしたね。

プロの平沢さんと張り合おうとすると、岡田さんでしたが、

  • 知識が足りない
  • 知っているのだけ強気

と、いった感じで、めっちゃ岡田でしたね。

岡田さんが、本格的なイタリアンをマスターするには、もう少し時間がかかりそうです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!